なんでとうもろこしやねん

ちょっとだけ役に立つ雑記ブログ

【これが現実】某大手食べ放題チェーンの裏側

スポンサーリンク

みんな大好き食べ放題(バイキング)。

いろんなものの中から好きなものを選んで食べることができるので魅力的ですよね。

でも、あれだけたくさんの料理を提供しているのに利益が出るのには裏があります。

今回は、某大手食べ放題チェーンの厨房に潜入したことがある私が、その裏側すべてを暴露します。


f:id:shunsuke2000:20180303013555j:plain



食材はすべて・・・

私が潜入した某チェーンでは、食材はすべて業務スーパーのものを使用していました。


f:id:shunsuke2000:20180303042300j:plain


野菜も、カレーも、パンも、ピザも、卵も、餃子も、肉も。

さらに、野菜はすべてカット済みの冷凍品で、カレーはレトルト。卵は、目玉焼き以外卵液を代用。卵焼きだって既製品。ピザも冷凍。スイーツだってクリームを塗るだけ。

これには、さすがに驚くしかありませんでした。

大手のチェーン店でこの有り様ですから、そこら辺の小さな食べ放題のお店なんて、いったいどんなものを使っているのでしょうか。

ちなみに、ホテル内にあるような食べ放題(高級ホテルを除く)でも、多くが冷凍食品を使っているとか。

そして、厨房の環境も驚くべきものでした。

厨房では、パートのおばちゃんたちがペチャクチャ喋りながら調理(袋を開けて切るだけ)。

ちょっと落ちたくらいならお構い無く戻していましたし、つまみ食いもしていました。

洗い物はめんどくさいので、暇な人みんなで押し付け合いでした。

とにかく、食べ放題には驚くべき裏側があるのです。


まとめ

今回紹介したのは、私が経験した食べ放題の裏側のごく一部です。

つまり、食べ放題はこれ以上に闇が深いのです。

また、私の経験上、食べ放題店で店員に対して「美味しかった」という人には、店員側からすると、「こいつの味覚大丈夫?」という気持ちを抱いてしまうことがあるというのも事実です。

食べ放題に行くなという訳ではありませんが、自らの身体のためにも、できるだけ自宅で手作り料理を食べることをオススメします。