なんでとうもろこしやねん

ちょっとだけ役に立つ雑記ブログ

【英語】付加疑問におけるYesとNoの使い分け

スポンサーリンク

今回は、英語を学習していくなかで特に頭が混乱する分野の一つである付加疑問についてです。

特に付加疑問の分野では、この文にはYesと答えればいいのかNoと答えればいいのか分からないという悩みを持っておられる方は多いのではないでしょうか。


付加疑問とは?


付加疑問とは、平叙文の後に簡単な形の疑問文を付け加えて、「~ですよね/~よね」のうに、相手の同意を求めたり、念を押したりする言い方のことです。

注意点

・肯定文には否定の付加疑問を、否定文には肯定の付加疑問を付け加える。

・付加疑問のSは必ず代名詞に変える。

・Let's~の文に付け加える付加疑問はshall we?である。


付加疑問の答え方


否定文の付加疑問「~ではないですね」や否定の疑問文「~ではないのですか」に答えるときには、YesとNoの使い分けが大切となります。

英語では質問の形式にかかわりなく、答えの内容が肯定ならYesで、否定ならばNoで答えます。(日本語の「はい」「いいえ」にとらわれてはいけません。)

Don't you know him?(彼を知らないのですか?)

------Yes,I do.「いいえ、知っています。」

------No,I don't.「はい、知りません。」