なんでとうもろこしやねん

とうもろこしと何の関係もない、ちょっとだけ役に立つ雑記ブログです。

桐崎栄二(きりざきえいじ)の起こした選挙掲示板騒動とは?

スポンサーリンク

今日、久しぶりにYouTubeを見てびっくり。

選挙掲示板への自作自演指名手配ポスター貼り付け騒動で活動を休止していた桐崎栄二の動画を目にしたのです。

今回は、桐崎栄二の活動休止の原因となったこの一連の騒動とはどんなものだったのか、紹介したいと思います。

選挙ポスター騒動について

事の発端は2018年2月23日。

桐崎栄二の投稿した一本の動画が騒動の幕開けとなりました。

その動画は、自分の指名手配ポスターが町中に貼られており、弁護士事務所に電話で相談するというものでした。(すべて自作自演)

ところが、桐崎栄二は自らの指名手配ポスターを石川県知事選挙の選挙掲示板にも貼り、動画で流してしまったのです。

これが、公職選挙法及び軽犯罪法違反ぎりぎりの行為であったため、警察も捜査に乗り出すなどの事態を招いたのです。

f:id:shunsuke2000:20180421210229j:plain

動画投稿サイト「ユーチューブ」に動画を投稿して広告収入を得る「ユーチューバー」として知られる石川県白山市の男性(19)が、「指名手配犯」と書かれた自分の顔写真を3月11日投開票の同県知事選の選挙掲示板に貼っていたことが27日、男性の所属事務所への取材で分かった。

男性はこの掲示板の様子を撮影して、自分が嫌がらせを受けているとの内容の動画をユーチューブに投稿していた。顔写真は掲示板の候補者ポスターが掲示されていない枠内に貼られており、石川県選挙管理委員会は特定の候補者の選挙活動に対する妨害行為を禁じた公選法に違反しない可能性が高いとしている。投稿は3日後に削除された。

 

男性が所属するユーチューブ専門のマネジメント事務所によると、自宅近くの選挙掲示板や電柱、車に自らの顔写真を貼って撮影した動画を23日に投稿した。

 

閲覧者から「公選法違反ではないか」との指摘を受けた事務所が調べた結果、男性が自分で顔写真を貼ったことを認めたため、26日午後に削除した。選挙掲示板には候補者2人のポスターが張ってあった。

 

男性は反省し「視聴者を楽しませる動画を撮りたかった」と話しているという。

出典:産経新聞

この騒動のあった2月23日から、桐崎栄二はYouTubeの更新、Twitterの更新を一切辞めてしまいす。

巷では、引退なのではと囁かれていました。

ところが、それから約2ヶ月後の4月21日。突如YouTubeにスーツ姿での謝罪動画をアップしました。

どうやら、公職選挙法及び軽犯罪法違反容疑での警察の一連の捜査が終わったため、このタイミングでの復帰を決めたようです。

この復帰をもって、彼の2ヶ月にも及ぶ謹慎生活に幕が下ろされたのです。

ところで、謝罪動画を見て一つ気になったのですが、カテゴリーがコメディーになっています。

謝罪をコメディーだと思ってるのでしょうか?

f:id:shunsuke2000:20180422003117j:plain

まとめ

最近はYouTuberによる騒動や不祥事が増え、世間のYouTuberに対する見方が以前とは変わってきています。

そんな逆境の中ではあるものの、桐崎栄二には騒動を起こした反省を胸に、これからも視聴者の期待に応えるべく頑張ってほしいと思います。