なんでとうもろこしやねん

ちょっとだけ役に立つ雑記ブログ

カードローンでお得に借りる裏技とは?

スポンサーリンク

お金を借りるということは誰にでもあることです。

極力利用したくないといってもどうしても必要になってしまうことはありますよね。

ですが、どうせ借りるなら出来るだけお得に借りる方が良いですよね。

そこで、今回の記事ではお得に借りる裏技について紹介したいと思います。

f:id:shunsuke2000:20180830202028j:plain

お得にお金を借りる裏技

まず、お金を借りるときに必ずついてくるのが金利です。

ですが、この金利がお金を借りるときに一番、無駄な部分です。

そのため、出来るだけ金利が安いところでお金を借りたいと思うはずです。

でも、やり方によっては無利息でお金を借りれるのを知っていますか?

すべての金融機関ではないですが、中には30日間の無利息期間を設定しているところがあったり、5万円までなら180日間という長い間無利息という金融機関もあります。

そういったところでお金を借りれば無利息でお金を借りることができます。

もちろんすぐにお金が返せるという人が限定になってしまいますが、無利息なら借りても損はありません。

そして、カードローンでのキャッシングをするときによくあるのがCMなどで有名な大手のみを狙う人です。

もちろん最も信用できるのは大手ですが、中小事業者にもオトクなところが一杯あります。

中小事業者はオリジナリティーにあふれたサービスを展開している事が多いので大手に負けないくらい魅力がたくさんあります。

あなたの条件にさえ合えば大手よりも有利に借入できる場合があるので、最初から大手ばかり狙わないで中小事業者を探してみるのも良いと思います。

また、中には複数社から借入している人もいるでしょう。

実は複数社で借入していると新たにキャッシングをするときに非常に不利になり、審査に通らない場合があります。

本来は借入している金融機関にお金を返してから新たにお金をかりるのがベストですが、そうはいなかい場合がありますよね。

そういう場合はおまとめローンで複数社からの借入を一本にすることが大切です。

一本化することで分かりやすくなりますし、返済負担を軽減する事ができるのでおすすめです。

主婦はどうすべき?

中には専業主婦でお金を借りたいという人もいますよね。

専業主婦は自分自身にお金がないので、借りられないと思っていませんか?

基本的には専業主婦は収入がゼロなので測量規制に引っかかり消費者金融から借入することはできません。

しかし、銀行カードローンは総量規制の対象外であるため、借入可能なところもあるのでそういった所を利用する事をおすすめします。

無職はどうすべき?

さらに、無職でカードローンを利用したいという方もいますよね。

基本的には安定した給料がなければカードローンを利用する事はできませんが、会社勤めされている人が退職が決まった時点でお金を借りればカードローンを利用する事ができます。

ただ、退職して無職になった時点でカードローン会社に連絡を入れないと解約や一括返済を求められるので気をつけなければなりません。

退職前にお金を借りればよほどの事がない限り解約なども行われないので安心してください。

もし、退職すると決まっているなら辞める前にすぐにお金を借りるのも一つの手です。

ニートはどうすべき?

では、ニートの人でお金を借りたいという人はどうすべきなのでしょう?

ニートも安定したお金がないので基本的にはお金を借りる事ができませんが、場合によっては借りる事ができまることもあります。

それは派遣登録をして少なくとも無職である事実をなくしてしまうのです。

派遣登録だけしておけば審査で無職扱いにはなりません。

そして、派遣登録をすれば派遣元で在籍確認もできるので在籍確認にもパスが可能です。

実際に働いていなくても登録だけしておけばOKです。

もちろん、働いて収入がある方が良いですが、収入がなくてもニートよりかはずっと良いです。

万が一、ニートだけどお金に困ったら、派遣登録だけして審査を受けてみましょう。

まとめ

このように、お金を借りる際には様々な裏技を使うことができます。

安定した収入があって今まで一度もブラックになったことがない、他に借入がないという人は、よほど高い金額を借入しなければほとんどが審査に通るでしょう。

ですが、世の中そういう人ばかりではないですよね。

普通では難しそうな人は今回紹介した裏技で審査をしてお金を借りてみてはどうでしょうか。