なんでとうもろこしやねん

ちょっとだけ役に立つ雑記ブログ

仮想通貨の効率的な利用方法

スポンサーリンク

今回は、現在の仮想通貨類を如何に効率よく利用をしていきながら、少しでも多くの収益を得ていける方法について書いています。

低額の投入資金を上手く利用をした方法や評価損益額のマイナス値を減少させながら効率よく少ない元本の損害で取引をしていく方法、エアドロップを取得していく方法などについて触れていますので、初心者の方や本格的に仮想通貨を学びたい方には、ぜひ読んでいただきたい内容です。

f:id:shunsuke2000:20180612003939j:plain

仮想通貨の効率的な利用法

そもそも、仮想通貨とは

今回の記事のテーマでもある仮想通貨についてですが、インターネット上の独自の電子的空間である仮想空間において取引がされる通貨類にあたります。

こうした実態のあり方から、俗に言う仮想通貨といった名称で呼ばれているものになりますが、現在のビットコイン(BTC)をはじめとして100種類以上もの通貨類が存在しています。

f:id:shunsuke2000:20180612003750j:plain

そして、仮想通貨を取引する取引所を運営をしている事業者などもかなりの数に上り、本当に多種多様なところが存在しているような状態になっています。

仮想通貨の相場変動の特徴を活かす方法

今のところ、最初のBTC自体が本格的に運営をされ始めたのが2013年の6月あたりからですので、まだ開始をされ始めてからの日数の浅さなどもあり、値動きなども上下の振り具合の波の大きさが激しい通貨類が少なくはありません。

数百種類からなる通貨類の大半がやはり、2013年以降に開発をされて仮想通貨市場へ投入をされたという日数が浅い経緯がありますので、それだけにまだまだ、購入ユーザーである投資家の方も少ないといった現状もあり、先程も話したような値動きの激しさといったという実態があります。

こうした事情から、相場の上下が激しい値動きの特徴がある通貨類が大半ですので、最初から高額な元手のお金を投入したりするのでは無くて、値動きが特に激しい通貨類を選び、最低相場で2、3千円相当分だけ購入をして、最高値になった時点で売却をしていくといった方法が、損失が出ても少なくて済みます。

この方法自体は小さな元手のお金で、相場の状況如何次第で大きな収益を得ていける可能性がありますので、そうした面でもメリットがあります。

評価損益額のマイナス値を減らしながら、収益を少しでも多くしていく方法

どうしても相場状況が芳しくない場合には、画面上の評価損益額のマイナス値がどんどん増えていくような状態になったりする事も、少なくはありません。

初心者の方ほど、こうした状況にパニックになり、うっかり全額売却をされるような方もおられたりしますが、そうした回避方法では損害自体が大きくなるため、良い方法ではありません。

そこで、ここでは他の投資商品では決して出来ない、仮想通貨類ならではの、評価損益額のマイナス値を効率よく減らしていく方法について触れます。

マイナス値がある程度大きくても相場が上がった場合に通貨を少しだけ売り、下がった場合にはその売った金額よりも少ない金額で買い、これをある程度繰り返すとマイナス値自体が小さくなり、損失が最小限になりますので、それから挽回していく事も十分に可能です。

この方法は仮想通貨での取引きでしか使えない対応方法ですので、覚えておくと大変有利な展開が出来ます。

まとめ

以上が今回の、仮想通貨類の効率よい利用の仕方についての内容になります。

最初は取引きの際には中々上手くいかないような事などもありますが、実際にやっていくうちに通貨類の相場の値動きの性格性を掴む事が出来る上に、取引所のところのシステムに慣れさえすれば、かなりな収益を上げていく事も決して不可能ではありませんので、十分に取引きをやっていく価値があります。