なんでとうもろこしやねん

ちょっとだけ役に立つ雑記ブログ

関西への旅に意外と便利な神戸空港

スポンサーリンク

関西に飛行機で行くとき、伊丹空港か関西国際空港のどちらかを利用するという方は多いと思います。

しかし、関西には存在感こそないものの、以外と便利な神戸空港というもう1つの選択肢もあるのです。

今回は、その神戸空港の良いところについて紹介します。

f:id:shunsuke2000:20171224015455j:plain

神戸空港って?

神戸空港は、その名の通り兵庫県神戸市の海上にある空港で、マリンエアとも呼ばれています。

近隣には伊丹空港や関西国際空港があり、これらの空港とともに関西3空港のひとつを担っています。

2006年2月16日に開港し、地元民からはアクセスの良い空港として知られており、スカイマークが羽田空港と並んで拠点空港と位置付けている空港でもあります。

アクセスは?

神戸空港には、新交通システムのポートライナーが乗り入れており、神戸市の中心部である三宮まで5~10分おきにおよそ18分で結んでいます。

f:id:shunsuke2000:20171224015659j:plain

三宮(三ノ宮)には、阪神・阪急・JR・地下鉄の4路線が乗り入れており、大阪(約20分)、京都(約50分)、姫路(約40分)、奈良(約90分)など、関西の主要都市には乗り換えなしで簡単に行くことができます。

f:id:shunsuke2000:20171224024621j:plain

出典:神戸空港HP

このように、アクセス面においては大阪駅基準で考えれば伊丹空港(大阪駅まで約25分)には劣ってしまうものの、関西国際空港(大阪駅まで約1時間)と比べれば圧倒的に便利なわけであります。

就航路線は?


現在神戸空港に就航している航空会社はスカイマーク・ANA・ソラシドエア・エア ドゥの4社で、拠点空港としていることもあって、スカイマークの本数が圧倒的に多くなっています。

また、就航路線は

・東京(羽田)

・札幌(新千歳)

・仙台

・沖縄(那覇)

・鹿児島

・長崎

・茨城

の計7都市です。

本数や就航都市は伊丹空港や関西国際空港と比べれば少ないものの、主要空港への最低限の本数は確保されており、不便を感じるほどではありません。

最後に

神戸空港は伊丹空港や関西国際空港の保護のため運用規制がかけられており、本数は他の2空港と比べて少なくなっています。しかし、アクセス面や空港の使いやすさでは他の2空港に負けてはいません。

また、スカイマークが就航しているというのが他の2空港との大きな相違点でもあります。

みなさんも、関西に飛行機で来られる際は1度神戸空港をご利用になってみてはどうでしょうか?