なんでとうもろこしやねん

ちょっとだけ役に立つ雑記ブログ

これからは現物のもの作りでは無く、その元となる要素を作る事がお金になる

スポンサーリンク

近年、日本をはじめとする世界中各国においては、自動車や食べ物、コンピューター機器などの生産・製造などをはじめとする、いわゆる「現物製造分野」が収益の中心でしたが、それ自体が落ち目になってきており、代わるものとして、それらの原点でもあるデータやプログラムをはじめとする「要素」なるものが注目をされている現状があります。

今回は、なぜそうした変化が起こっているのかについて詳しく説明したいと思います。

f:id:shunsuke2000:20180727230543j:plain

何故これからは「もの作り」では無く「要素」なのか?

日本の例を挙げてみると、従来からはやはり、トヨタ社その他の各社メーカーをはじめとする自動車製造産業の分野が中心となって、貿易収支面での収入の中心となってきた歴史的経緯があります。

しかし、近年においてはそれらの各社が製造する日本車類の性能に近い自動車類を各国も製造出来るような技術レベルになって、これがために、同レベルでの競争力が他国各国メーカーにも付いて、そのおかげで各社が詰抗しているような状態になっています。

こうした現状は自動車業界をはじめとする機械類の製造分野だけでは無く、食品類や日用機器類、工業機械類などの同分野で起こっています。

そのため、お金の動き全体の目で見てみた場合には、どこの国内外のメーカーも似たような状況になっているので、当然の事ながら各製造業界も市場の既存企業による寡占化が進み、競争自体がなく収益なども伸びない状態になる事は当然なところもあります。

こうした現物類の生産を重視した各製造業界が振るわない現状がある以上、当然の事ながら、それらの最大の原点であるデータやプログラムの作成をはじめとする「要素」が注目をされるようになっている実態があります。

それでは、どのような点でこの要素の形成・作成産業が製造業よりも注目をされているのか、その理由について、見ていきたいと思います。

もの作りの原点である「要素」が、注目をされている理由

そもそも製造業分野の原点である、開発段階においてのその設計・策定などのデータやプログラムなどが「要素」とも呼ばれるものですが、最近ではそれらをPC端末などにインストールし、3Dプリンターや製造機器類で実物化・現物化していく事が容易になっています。そのため、高性能(あるいは実用性が高い事)であれば、生産・製造の面でリコールなども少なく、そうした点で注目をされるところに最大の理由があります。

事実として、3Dプリンターなどの優秀な機器類なども開発され、製造業や開発業の各分野において本格的に現場投入されているような状況のため、要素であるデータ・プログラムの各作成が重要視をされているのは言うまでもありません。

実用性の高さが評価されるポイント

やはり、従来型の「もの作り」を主要事業にしてきた事業者にとって、リコールや故障、不具合などが無い状態が理想です。

最新技術で作られたデータやプログラムなどの「要素」は、そうした製造業界分野の事業者にとっては、魅力ある存在のため、その要素の関連の産業に関わる方にとっては、大きなビジネスチャンスでもあるという事を意味しています。

要するに、プログラマーやネットワーク構築SEなどをされたりしている方には、とても大きな収益を得ていける機会に恵まれる事も指しているので、こうした面でも新たなビジネスが生まれていく事により、お金を手にしていける機会がある事は間違いありません。

まとめ

従来型の「もの作り」である現物・実物型の商品生産を中心としてきた製造業各業界が不振な分、こうした同業界の最もな原点である「要素」は、これから様々な新たなもの作りや製造業分野を生み出していく可能性があります。

それだけに要素業界分野が注目をされているといった実状があるので、これは決して無視出来ないところです