なんでとうもろこしやねん

とうもろこしと何の関係もない、ちょっとだけ役に立つ雑記ブログです。

楽天ポイントで投資信託ができる!

スポンサーリンク

楽天と言えば「楽天スーパーポイント」。

うじゃうじゃ貯まる楽天スーパーポイントは本当に魅力的ですよね。

ですが、みなさん貯まったポイントの使い道はどうしていますか?

ちなみに、私おすすめのポイント使用はズバリ、投資信託です。

実は、2017年から楽天スーパーポイントで投資信託が購入できるようになりました。(知らなかった方も多いのでは?)

今回はこのことについて、メリットや方法などを詳しく解説していきたいと思います。

f:id:shunsuke2000:20181203172222j:plain

メリットは安心感

本来、投資信託を購入する場合は証券会社の口座に現金を入れ、そのお金で購入することになります。

投資信託がいくら安全性の高い商品とはいえ、初めて投資をする人にとっては、リスクへの懸念から現金をつぎ込むことに気後れしがちです。

それが、おまけで得たようなポイントで購入できるともなれば、精神的な抵抗感を抱くことなく、投資できるようになります。

楽天証券の商品

楽天スーパーポイントで投資信託を購入する場合は、楽天グループである楽天証券で扱っている投資信託を購入します。

楽天証券は取扱商品が豊富なことと、サービスが利用しやすいことから、初心者には最適なインターネット専門の大手証券会社です。

口座開設費用や口座維持費用は一切無料です。

ちなみに、楽天証券は100円という少額から投資信託を購入できるようにした最初の証券会社なんだとか。

ポイントの利用

楽天証券では投資信託の最低購入単位が100円のため、楽天スーパーポイントも100ポイントあれば投資信託を購入できます(1ポイント:1円)。

ただし、楽天スーパーポイントであっても、期間限定ポイントや他のポイントとの交換で得た楽天スーパーポイントでは投資信託を購入できません

また、利用できるポイント数には上限があり、1注文に対し3万ポイント、1ヶ月合計で10万ポイントを超えることができません。

ポイント購入対象商品

ポイントで購入できる商品は「通常買付(金額指定のみ)」であり、積立買付や口数指定買付、ジュニアNISA口座での買付は対象外になっています。

なお、楽天証券には最大級ともいえる2,000種を超える数の投資信託のラインナップがありますが、すべての商品が初心者におススメできるわけではなく、初心者は以下のような投資信託を選択するのが賢明です。

インデックスファンド

インデックスファンドとは日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)など、特定の指数に連動するタイプの投資信託のことです。

手間をかけることなく安定した運用ができます。

信託報酬が0.5%以下の商品

投資信託を購入すると、毎年信託報酬を支払うことになります。

慣れるまでは負担の少ない、信託報酬が0.5%以下の投資信託を購入するのが無難です。

購入手数料0円

取引が増えてくると購入手数料がバカにならないため、購入手数料無料の「ノーロードファンド」が最適です。

購入手順

楽天スーポイントで投資信託を購入する際は以下の手順で行ってください。

なお、事前に楽天証券の口座開設が必要ですが、楽天IDを保有している場合手続きが簡略化されます。

    まずは楽天証券のホームページにログイン。
  1. 購入したい投資信託を選んで買付画面を開き、「ポイント利用」という項目にある「使う」のラジオボタンにチェックを入れ、「ポイントのご利用申込み」をクリックします。
  2. 楽天会員ログイン画面が表示されるので、IDとパスワードを入力してログイン。画面上の「同意する」をクリックすると、ポイントが使えるようになります(楽天証券会員と楽天会員の登録情報が異なっていると利用できません)。
  3. 投資信託の買付画面に戻るとポイントが使えるようになっており、「ポイント利用」の画面に利用可能なポイント数が表示されています。「一部使う」、「すべて使う」、「使わない」を選択しますが、「一部使う」の場合は利用するポイント数を入力します。
  4. 最後に、「注文」をクリックして購入手続きは終了です。

※ポイントでの購入後は、楽天ポイントクラブの利用履歴に「交換申請受付中」と表示されます。

まとめ

このように、楽天証券を利用すればポイントで投資信託をすることができます。

これを利用すれば、せっかく自分のお金で投資信託をしたのにマイナスなんてストレスから解放されるかもしれもせん。

上記のように、利用ポイントに制限があり、どっぷりとお金を稼ぐことはできませんが、お小遣い稼ぎやへそくりちは十分です。

みなさんもぜひトライしてみてはいかがでしょうか。